スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フォトショップの機能3】ツール設定編

 Photoshop(以下PS)を使う時の私のツール設定を紹介します。
PSに慣れてない方の参考になれば幸いです。


●各ツールの紹介
 
 設定方法の紹介は下の画像の赤字のツールのみになります。

toor00 

以下記事の文章と画像を両方ご覧になると分かりやすいと思います。


①長方形選択ツール
 名前の通り長方形の選択範囲を作れるツールです。『Shift』キーを押しながら
範囲をとると正方形の選択範囲を作る事が出来ます。
新規選択とぼかしを0PX(ピクセル)に設定します。
スタイルは普通に選択範囲をとるなら「標準」が使いやすいと思います。
標準:は垂直水平方向に自由な選択範囲を指定できます。
縦横比を固定:は指定した幅と高さの比率に合った選択範囲を指定出来ます。
固定:は幅と高さの項目に打ち込んだ数値の選択範囲を指定出来ます。
ショートカットキーは『M』キーです。

toor01 


②移動ツール
 画像を移動するツールです。選択範囲ツールで選択範囲内の画像だけ移動することも出来ます。
自動選択をオンにして描画範囲をクリックすると、描画されたレイヤーに
移動するようになります。使い辛いためオフにします。
その横グループとレイヤーの項目の下矢印をクリックすると選択項目が
出ます。グループを選ぶとレイヤーが入ったグループに移動するようになり、
レイヤーを選ぶと描画レイヤーを選択出来ます。ここではレイヤーを選びます。
バウンティボックスを表示はレイヤーの描画範囲がわかる記号が出ますが
使い辛いためオフにします。
ショートカットキーは『V』キーです。

toor02 


③なげなわ・多角形選択ツール
 なげなわツールと多角形選択ツールは選択項目が同じなので合わせて紹介します。
新規選択をオン、ぼかしは0PX(ピクセル)に設定します。
アンチエイリアスにチェックを入れてオンにします。
ショートカットキーは『L』キーです。

toor03 


④スポイトツール
 サンプル範囲は普段は指定したピクセルでかまわないと思います。
色の平均値が欲しい場合はピクセル四方の平均を選んで下さい。
(意味が分からない方は指定したピクセルを選んでください。)
サンプルは色を取るレイヤーを選ぶ項目です。現在のレイヤーを選ぶと選択中の
レイヤーの色だけが取れます。すべてのレイヤーは表示されてる全レイヤーの重り
混じった色を抽出する事が出来ます。使う場面によって
それぞれ使い分けます。
着色には現在のレイヤーの方が使いやすく向いていると思います。
ショートカットキーは『I』です 
ブラシツールなどを選択中に『Alt』キーを押してる間、一時的にスポイトツールに変わります。
ショートカットで選ぶよりAltキーの方が使いやすいと思います。

toor04 


⑤ブラシツール
 ブラシツールのモードは多数ありますが常に通常を選択します。
不透明度はその時々により柔軟に変えます。変更方法は数値を直接打ち込むか
スライダーを使うかですが、お勧めはショートカットキーを使う方法です。
ブラシを選択中に標準キーとテンキーの0~9で変ることが出来ます。
0キーは100%になり1は10%9は90%に対応しています。また半端な35%を
選びたい時は3と5をすばやく押せば選択できます。
流量は100%にしています。その他の項目はオフにしています。
ショートカットキーは『B』キーです。

toor05  


⑥消しゴムツール
 消しゴムツールのブラシモードは常にブラシにしています。
不透明度の変更はブラシツールと同じショートカットキーを使うのですぐ上の⑤ブラシツール
をご覧下さい。流量も同じで100%にしています。その他の項目もオフにしています。
ショートカットキーは『E』キーです。

toor06 


⑦グラデーションツール
 グラデーションツールは特に項目の選択により使い勝手が変わりやすいです。
グラデーションピッカーを開くを選択し、ウィンドウが出るので描画色から透明にを選択します。
モードは通常を選択し、不透明度はその都度使いやすいように変更します。
グラデーションツールでも不透明度の変更はショートカットキーを使います。
流量は100%です。
その他の項目の逆方向はオフ、ディザと透明部分はオンにします。
ショートカットキーは『G』キーです。

toor07 


⑧-①ぼかしツール
 ぼかしツールは色と色の際をぼかし滑らかに見えるようにするツールです。
モードは通常に、強さは100%、全レイヤーを対象と筆圧でサイズを調整はオフにします。
全レイヤーを対象は必ずオフにします。
PSCS5ではショートカットキーは設定されてませんが適切なキーに割り振ると便利です。

toor08_01 


⑧-②指先ツール
 指先ツールは画像をブラシストロークに追従させる機能です。
モードは通常、強さは任意で50~80%にし、全レイヤーを対象とフィンガーペイント
はオフにします。こちらも全レイヤーを対象は必ずオフにして下さい。
こちらもPSCS5ではショートカットキーは設定されてませんが適切なキーに割り振ると便利です。

toor08_02 


⑨ラインツール
 ラインツールは直線を描くツールです。
塗りつぶした領域を作成を選択します。
こちらもモードは通常を選択します。
不透明度は使いやすい数値に設定して下さい。
アンチエイリアスのチェックを入れてオンにします。
ショートカットキーは『U』キーです。

toor09 


⑩-①手のひらツール
 手のひらツールはカンバスのウィンドウ内を移動するツールです。
すべてのウィンドウをスクロールをオフ。
ピクセル等倍・画面サイズ・画面にフィット・プリントサイズのボタンは
名前の通りの効果がウィンドウに出るので一度試して下さい。
ショートカットはブラシツール等を選択中でもスペースキーを押すと
手のひらツールに一時的に変わります。
憶えると様々な作業が格段に楽になると思います。
ショートカットキーは『スペース』キーです。

toor10_01 


⑩-②回転ビューツール
 回転ビューツールはカンバス内を擬似回転するツールです。

回転角度は、数値を打ち込んで角度を決める事が出来ます。
ドラッグした角度は、サムネイルをドラッグしながら回転させて
自由に角度を決める事が出来ます。
ビューの初期化は、サムネイルを押すとビューの角度を0度に戻します。
すべてのウィンドウを回転は、ウィンドウを複数開いていると全て回転する
ためオフにします。
ショートカットキーは『R』キーです。

toor10_02 


⑪ズームツール
 ウィンドウ内をズームイン・ズームアウトするツールです。
ズームイン・ズームアウトを切り替える事ができます。
ショートカットを憶えると作業効率が上がるため是非憶えてください
ショートカットキーは『Ctrlと+-』キーです。
ウィンドウサイズを変更は、ズームイン・ズームアウトする時ウィンドウサイズも
連動して変わるため使い辛いのでオフにします。
ショートカットキーは『Ctrl+Altと+-』キーです。
全ウィンドウをズームは、ウィンドウを複数開いているとズームイン・ズームアウト
する時に連動して変わるため使いづらいのでオフにします。
スクラブズームは、ズームツールを使用時画像をクリックして左右に動かすと
ウィンドウ内がズームイン・ズームアウトします。オン・オフどちらでも構いません。
ピクセル等倍・画面サイズ・画面にフィット・プリントサイズは、ボタンになっており
ウィンドウにその名の通りの効果が出るので一度試して下さい。
ズームツールを選択するショートカットキーは『Z』キーです。

toor11 


⑫-①カラーピッカー1
 好みの色を作るツールです。
描画色を設定の描画色とは、ブラシツール等で描くときの色です。
選択するとカラーピッカーが出て来ます。
描画色と背景色の入れ替えは、矢印状のサムネイルを押す事で描画色が
背景色と入れ替わります。ショートカットキーは『X』キーです。
背景色を設定は、描画色と同じようにカラーピッカーで色を変えることが出来ます。
描画色と背景色を初期設定に戻すには、サムネイルを押す事で初期設定の
黒色と白色戻ります。ショートカットキーは『D』キーです。

toor12_01 


⑫-②カラーピッカー2
 1でカラーピッカーを開いたときの操作方法の解説です。
カラーフィールド内は、左右に色の彩度上下に動かして色を選択出来ます。
カラースライダーは、上下に動かして色相を選択する事が出来ます。
カラーボックスは、現在選択中の色から次の色にどのように変わったか
比べる事が出来ます。現在の色を押すと元の色に戻せます。
カラー値は、RGBなどの数値を打ち込む事で任意の色を指定出来ます。
色を指定したらOKボタンを押して色選びの完了です。

toor12_02 


 かなり駆け足ぎみの紹介になってしまいました。文章だけでは分かり辛いと思うので、
皆様で各ツールを試しながら確認すると理解が早くなると思います。

今回の記事からよりショートカットキーの紹介が頻出してます。ショートカットキーを
憶えると作業効率が上がるため、少しずつでもいいので憶えましょう。
ブラシと消しゴムを憶えるだけでも格段に作業効率が良くなると思います。

記事で紹介しきれなかったツールの中で私がよく使うのはパスツールです。
理由は、パスツールは詳しいサイト様が沢山ありそちらに譲りしたいので皆様でお調べ下さい。
「Photoshop(バージョン) パス」で調べると沢山出てくると思います。

また、この記事は
私が使いやすいと思った設定にしてあります。
皆様もPSに慣れたら使いやすいよう再度設定を見直してみのが良いと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

【フォトショップの機能2】レイヤー管理編

Photoshop(以下PS)の機能、クリッピングとグループを紹介します。
今回も初歩的な内容なため、グラフィックソフトを使い慣れてる方は読まなくても
いいかもしれません。

●古いバージョンのPSをお使う方への注意点
  PSのCS3前後で、一部機能の名称が変更されて
ます。

 PSCS3前  
   PSCS3から

 「グループ化」→ 「クリッピングマスク」

 「レイヤーセット」→「グループ」 ←レイヤーのフォルダー

 
と、少しややこしい名称変更がなされています。
 
《注意》「グループ化」と「グループ」は全く別の機能です
 名前が変わったものの機能自体はほぼ同じなので、古いバージョンをお使いの
 方も以上の2つの変更点を注意して読んで頂ければ参考になると思います。




レイヤーのクリッピング(グループ化)方法
  本来はクリッピングマスクと書きます。私が知っている範囲ですがPS5では、
 "グループ化"の名称で同じ機能は有り、PSCS3から
"クリッピング"に名称変更
 されています。PSに慣れてない方はどの様な機能か紹介し辛いので、以下の
 記事をお読み下さい。

新規レイヤーを二枚作り、赤と緑を別々のレイヤーに着色したら、二のレイヤーを
 クリッピングしていきます。「赤」レイヤーをクリックして選択します。
サムネイルが青色に
 なっていれば選択状態です。


LayeClipping01


キーボード『Alt』キーを押しながら「赤」「緑」のレイヤーのサムネイルの間にカーソル
を近づけると変化するので、マウスは左クリック、タブレットはペン先でシングル
クリックします。

LayeClipping02


「赤」レイヤーが「緑」レイヤーにクリッピングされ、一部の赤色しか
"見えな"なり
画像が変化します。レイヤーウィンドウ内の「赤」レイヤーのサムネイルが、クリッピング
前に比べ少し右にずれます。これがクリッピングされた状態です。

LayeClipping03


○クリッピングの解除方法
 すでにクリッピングされているレイヤー同士を、再度クリッピングしようとすると
解除出来ます。

「緑」レイヤーの範囲以外の赤色を"見えなく"する、これがクリッピング"マスク"
と書かれる所以です。注意してほしいのはシステム上
"見えなく"している
だけで、範囲外の赤色を
"消してる"訳ではありません。
以下の応用編をご覧になればもう少し判って頂けると思います。

○クリッピングの応用編

さらに
新しく「黒」レイヤーを作り「赤」レイヤーにクリッピングします。
手順はさきほどと同じです。

LayeClipping04


この様にクリッピングは、レイヤー枚数が許す限り何枚でも可能です。

LayeClipping05


「赤」「緑」のレイヤーのクリッピングを解除します。解除すると赤色の範囲が元に戻り
ます。次は「黒」レイヤーを「赤」レイヤーにクリッピングしても画像の変化は無いでしょう。
理由は「赤」レイヤーの範囲に「黒」レイヤーが完全に入っているからです。


LayeClipping06


○クリッピングの必要性
 様々な形で塗り潰してあるレイヤーを、ここではベースレイヤーと呼びます。
ベースレイヤーの上に新たに着色用のレイヤーを作りクリッピングすると、
着色用レイヤーもベースレイヤーの範囲だけ着色されているように見えます。
私はこのクリッピングの特性を用い着色しています。
私の塗り方にクリッピングは必須の機能なので、今後の着色記事も参考に
なさる方は、手間だとは思いますがクリッピング機能を憶えて下さい。



●レイヤーグループ
(レイヤーセット)を使いレイヤーの整理
  レイヤーグループを使ったレイヤーの整理方法を紹介します。
 まずグループとは何に?、とお思いの方もいるでしょう。グループはエクスプローラー
 におけるフォルダーです。
皆様もエクスプローラー上ではフォルダを作りファイルを
 管理されてると思います。PS上でもレイヤーを判りやすくグループに分けて作業すると、
 レイヤー数が多くても管理しやすくなります。
PS6から"レイヤーセット"の名称で実装され、
 CS3以後
"グループ"に名称変更されました。
  グループの中にさらに
グループを入れることをグループの階層と書きます。PS7までは
 1階層までが限度でしたが、PSCS1以降は階層は無限になりました。


○新規グループ作成方法⑨
 レイヤーウィンドウ下、
"新規グループを作成"ボタンを選択すると作成されます。

NewGroup01


○グループ名を変更
 
下の画像を参考に[グループ1]の範囲をダブルクリックして、最適な名前を付けます。
レイヤー名と同じで、
手間に思う方は無理に変更する必要は有りません。

NewGroup02Name


○グループ内にレイヤーを入れる
 グループ内にレイヤー入れる方法です。画像を見ると少し判りやすくなるかも
 しれません。

NewGroup03IN


"レイヤー1"を選択して
"グループ1"に向かって、ドラッグ&ドロップします。

NewGroup04D&D


"グループ1"内に"レイヤー1"が入ります。

NewGroup05IN

○グループ内にレイヤーが入っているか確認する方法
 レイヤーウィンドウでグループ内に入ったレイヤーは、サムネイルが少し右にずれます。
グループの
目のサムネイルを押して非表示にすると、連動してグループ内のレイヤー
の全てが非表示になります。以上の2つの方法で確認できます。

○グループ内レイヤーの展開と収納
 フォルダマークの左のボタンを押すとグループ内レイヤーの
展開と収納が出来ます。
グループを使う上で重要なボタンなので憶えておいて下さい。



●グループ(レイヤーセット)にマスクを追加する⑦
  レイヤーと同じようにグループ(レイヤーセット)
にもマスクを追加する事が出来ます。
  
○追加方法
  下の画像はすでに三枚のレイヤーを[グループ1]に入れてあります。グループにマスク
 を追加するのはレイヤーの追加と同じで、任意のグループを選びレイヤーウィンドウ下の
 [レイヤーマスクを追加]のボタンを押します。

○効果
  グループにマスクを追加すると、グループ内の全てのレイヤーにマスク効果が適用されます。 

LayerMask06Group



●レイヤーウィンドウの機能紹介
  レイヤーウィンドウ内のほとんどの機能を軽く紹介します。
 全機能を憶えようとすると負担になかもしれないため、徐々に憶えるといいと思います。
 ここで紹介するだけでも、11種類の機能があるため着色時に使うか表します。
 11種類が全機能ではありません。レイヤーウィンドウ内だけでもはまだ採り上げてない
 機能があります。

LayerWindow0001

①レイヤー属性を変更
  レイヤーを、[通常]から[乗算][覆い焼き]等の属性に変える項目です。
 着色時は
基本[通常]にしてます。今後詳しく説明します。

②レイヤーロック
  
様々な方法でレイヤーをロックする項目です。上の画像の左から順に説明します。
 
 ○透明ピクセルをロック
  レイヤーの透明部分の着色が無効になります。すでに描画されている範囲は
 着色可能です。私は塗り潰しで色を変える時に一時的に使い、線画や
 ベースレイヤーは常にロックしています。

 ○画像ピクセルをロック
  描画機能のほとんどが無効になります。レイヤー描画範囲の移動は出来ます。
 私は使いません。

 ○位置をロック
  レイヤーに描画されている画像の移動が無効になります。
 私のごみ取り・線画調整方法はレイヤーを誤って移動すると取り返しが付かない
 事態になりやすいです。ごみ取り・線画調整中に一時的に使います。

 ○全てをロック
  レイヤーの並び替え以外の、描画や画像移動等全て無効になります。
 私は使いません。

  透明ピクセルをロックと位置をロックなど、ロック機能は二重作動させる事も出来ます。
 
  作業中に、ロック機能が意図せず作動すると「レイヤーがロックされてます。」との
 ウィンドウが出ると作業がキャンセルされるため、ロックを押して解除して下さい。
 

③レイヤーのマスター不透明度設定と、レイヤーの内部不透明度を設定
  レイヤーの不透明度を設定する項目です。着色時は[塗り:]を調整します。
 基本、着色時は両項目とも100%にして下さい。
今後紹介します。

④レイヤーの表示/非表示
  上の画像の赤線で囲ってある目の形のサムネイルを押して、レイヤーの表示/非表示
 を切り替える項目です。マウスをお使いの方は左クリックタブレットをお使いの方は
 ペン先でシングルクリックすると押すたびに表示/非表示が切り替わります。
 レイヤーは見えなくなるだけで無くならないので、新規レイヤーに、描画して
 試しに切り替えてみると機能を把握しやすいでしょう。
 
⑤レイヤーをリンク
  複数のレイヤーを選択すると表示され、ボタンを押すとそのレイヤー間にリンクを貼る
 項目です。リンクを貼ったレイヤー同士は同期するため様々な機能に影響が出ます。
 例:リンクを貼ったレイヤーの片方を画像移動すると、もう片方も同期して付いてくる。

 レイヤー複数選択時に一時的なリンク機能が有るので、そちらの使用をお勧めします。
 私は作業中に予期せぬ悪影響が出ることが有るため、全く使いません。
 
⑥レイヤースタイルを追加
  着色には使いません。面白い機能ではあるため気になる方は調べて下さい。

⑦レイヤーマスクを追加
  レイヤーとグループに、レイヤーマスクを追加します。グループは上の記事を参照。
 
[レイヤー基礎編]レイヤーマスクの追加(作成)方法で紹介しているのでご覧下さい。
 
■リンク■【フォトショップの機能1】レイヤー基礎編

⑧塗り潰しまたは調整レイヤーを新規作成
  調整レイヤーを新規に作ります。ボタンを押すと選択項目が出るので、そこから
 様々な調整レイヤーを選ぶ事ができます。
今後紹介します。

⑨レイヤーグループを作成
  レイヤグループを新規作成します。上の記事を参照。

⑩新規レイヤーを作成
  
ボタンを押すと新しいレイヤーを作成します。
 
[レイヤー基礎編]新規レイヤー作成方法と削除方法で紹介しているのでご覧下さい。
 ■リンク■【フォトショップの機能1】レイヤー基礎編

⑪レイヤーを削除

  選択中のレイヤーを削除します。
 [レイヤー基礎編]
新規レイヤー作成方法と削除方法紹介しているのでご覧下さい。
 ■リンク■【フォトショップの機能1】レイヤー基礎編



レイヤー基礎編と管理編を元にして、私が着色作業を終えるとレイヤーグループは
大体以下の並びになります。

レイヤーウィンドウ上


 【効果レイヤーグループ】画面効果を入れるレイヤー


 
線画レイヤーグループキャラクターの線画レイヤー群

 
着色レイヤーグループキャラクターの着色レイヤー

 
背景レイヤーグループ背景の線画と着色レイヤー



 まだ大まかですが、私は特殊な塗り以外はこの様な並びにしています。
 
 なぜグループ分けする必要性が有るのかか疑問に思う方もいるでしょう。
分ける理由としては、
私の塗り方はレイヤーが多くなりやすいため、1キャラあたり
最低でも50枚、多い時は100・200枚を超えます。それに対して、私のレイアウト
のレイヤーウィンドウのレイヤー表示数は2・30枚が限度なため、グループで
区切り展開収納することで把握しやすくしています。

 PSを使い始めた方は面倒かもしれませんが、慣れると作業効率が上がります。
レイヤー枚数が多くても一定の法則で管理されていると、着色データを
時間を空けて見ても把握しやすくなります。
慣れるとグループが無いPS無印5.5以前には戻れなくなると思います。

 レイヤー構成は今後の線の調整や着色記事内で詳しく紹介する予定です。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

【フォトショップの機能1】レイヤー基礎編

 Photoshop(以下PS)等、グラフィックソフトを使う上で重要なレイヤー機能を解説します。
初歩的な内容のため、グラフィックソフトに慣れてる方は読まないでもいいでしょう。
PSCS5を使って解説しているため、PSでもバージョンによって操作法が変わって
いる可能性が高いので
ご注意下さい。

●レイヤー機能とは?
  PS以外のグラフィックソフトもほとんどは、レイヤー機能を備えています。
 しかし、グラフィックソフトを使い慣れてない方は、レイヤーをどのように使えば
 よいか迷うかもしれません。

  
基本レイヤーは、透明なフィルムと思ってください。
 
  
デジタルとアナログの違いを除けば、レイヤーを複数枚使い着色する事と、
 透明なフィルムを複数枚使い着色するのと、
ほぼ同じと言えます。

 アナログで例えると、紙やキャンバスの上にフィルムを敷いた着色や、
 昔のアニメ制作のセル画の着色作業と似たような感覚でしょうか…。
 例えが下手ですみません(汗
 
  デジタルの利点はアナログと違い何回でもやり直せることです。レイヤーは
 最も恩恵を受けている機能の一つと言えるため、レイヤーの使い方を理解すると
 PSの使い勝手が良くなります。



 まずはPSを起動して、PSD形式の画像なら何でも構わないので新規画像か
既存画像を開き同じ作業をしながら読むと、少し記事が判りやすくなると思います。

新規レイヤー作成方法と削除方法⑩
  新規レイヤーとは全く描画されてない透明なレイヤーの事です。PSではレイヤーを
 使い着色など様々な作業を行うため、以下の三通りの作成方法を紹介するので憶え
 ると便利です。

 ①レイヤーウィンドウ下のボタンから作成
  レイヤーウィンドウ下の"新規レイヤー作成"ボタンを押します。

NewLayer01or02

 ○レイヤーウィンドウ下のボタンから削除

  "新規レイヤー作成"の右横にある"ゴミ箱形のボタン"を押すと
 選択中のレイヤーを削除出来ます。


 ②メニューバーから作成
  "メニューバー""レイヤー(L)"をクリックして
"新規(N)"
カーソルを
 合わせると横に項目が出て来るので、"レイヤー(L)"を選択します。



 ○メニューバーから削除
  "メニューバー""レイヤー(L)"をクリックして
"削除"にカーソルを
 合わせると横に項目が出て来るので"レイヤー(L)"を選択します。
 

 ③ショートカットから作成
 
◇ショートカットキー 新規レイヤー作成・『Shift+Ctrl+N』
  『Shift』『Ctrl』を同時に押しながら
『N』キーを押します。下の画像のウィンドウが出る
 ので、ここでレイヤー名を変ることも出来ます。OKボタンか『Enter』キー押す
と、レイヤー
 が新規作成され、キャンセルボタンか『Delete』キーを押すとキャンセルされます。


NewLayer04Shortcut

 ○ショートカットからレイヤー削除
 
◇ショートカットキー◇ レイヤーを削除・『Deleteキー』

  レイヤーウィンドウ上で削除したいレイヤーを選択して『Delete』キーを押すと
 レイヤーを削除出来ます。
 

  お勧めは、ショートカットを使用しない方は使用する方はです。
 私は両方使います。



●レイヤー名の変更方法
  デフォルトのレイヤー名は「レイヤー ○」で1枚目は1で順次番号が増えます。
 下の画像を参考に、赤線の枠内を"ダブルクリック"してレイヤーに判りやすい
 名前を付けてみましょう。
 レイヤー名の変更が手間に思う方は、無理に変更する必要は有りません。

NewLayer05

  上の画像に有る、
"背景"はそのままでは描画は可能でも移動等は
 出来ないのですが、名前を変えることで通常のレイヤーになります。



 
●レイヤーウィンドウ内のレイヤーの移動方法

  下のレイヤーウィンドウの画像をご覧ください。ウィンドウ内に上から順に
 「赤」「緑」「青」「白背景」の4つのレイヤーがあります。ここでは「赤」「緑」
 レイヤーを動かして、レイヤーウィンドウ内でレイヤーを移動することによる画像の
 変化をご覧下さい。


 
LayerBasis00


「白背景」以外の、の3枚のレイヤーは円形に塗り潰してあります。

LayerBasis01


「赤」レイヤーの
すぐ下にある「緑」レイヤーを上に移動します。「緑」レイヤーを
 選択して「赤」レイヤーの上の位置までドラッグ&ドロップします。

LayerBasis02


「緑」レイヤーが上に移動すると、「赤」レイヤーに被り、の円の全体が写ります。

LayerBasis03

 この様に上のレイヤーは下のレイヤーに、色の塗り潰しなど影響を与えます。
画像では判りづらいですが、重なっていない
赤」「青」のレイヤーは上下に関わらず
影響しないと言えます。

《注意》ここで紹介した"移動"は、レイヤーウィンドウ内のレイヤーの上下の移動
方法であり、"移動ツール"による「画像」の移動ではありません。

○複数のレイヤーを移動する方法
  キーボードの『Ctrl』キーか『Shift』キーを押しながら、非選択のレイヤーを押すと
 複数のレイヤーを選択でき、レイヤーをまとめて動かしたい時に便利です。




●レイヤーマスクの追加(作成)方法⑦
  [レイヤーマスクの追加]とは、選択したレイヤーにマスクを付ける機能です。
 今後文でただ"マスク"と書いある場合は、レイヤーマスクを指します。
 マスクの機能は文章だけでは判りづらいため、以下の紹介文をご覧下さい。

まずは、レイヤーマスク追加したいレイヤーを選択します。この例では
 [赤]レイヤーを使いうので、選択するとレイヤーのサムネイルが青色に変わる
 ので、状態を維持しながらレイヤーウィンドウの下にある[レイヤーマスクを追加]
 ボタンを押します。

LayerMask01


[赤]レイヤーにレイヤーマスクが追加されました。マスクが追加されると、
 レイヤーの描画のサムネイルの横にマス状のマスクのサムネイルが出ます。
 
マスクのサムネイルが、白い枠で囲まれていれば選択中の状態です。
 マスク選択中はツールウィンドウ下のパレットが白黒かグレーに変わります。

 左にある描画のサムネイルをクリックすると、描画作業に戻れます。

LayerMask02


●レイヤーマスクの使用例
  レイヤーマスクを使用したマスク機能を紹介します。

[赤]レイヤーのレイヤーマスクを選択した状態で、ブラシを使って赤い丸の約半分を
 黒で塗り潰すと、下の画像の様に赤い丸が半分消えます。マスクのサムネイルを
 見てみると、半分黒くなっているのはサムネイルにマスクの塗り潰した範囲が反映
 されているためです。
サムネイルからマスクで塗り潰した範囲を確認できます。

LayerMask03


次は、上で黒で塗り潰した範囲を、グレーで塗りつぶしてみました。
  下の画像の様にグレーで塗り潰すと赤丸の半分が半透明になります。
  黒・白・グレーに色を変える方法はツールウィンドウ下の「描画色を設定」
  から調整します。

LayerMask04

マスクは黒で塗ると描画が完全に消え、グレーでは半透明になり、完全な白で
 塗ると元に戻ります。

マスクによる塗り潰しはブラシ以外にも様々なツールで使うことが出来ます。
 紹介してないツールですが、グラデーションツールを使うと柔らかく、
 ラインツールを使うとラインの通りに塗り潰せます。

 その他のツールも使えるので色々試してみてみるのもいいでしょう。

私は着色時に何度もやり直しが出来るため、消しゴム替わりに使用します。


●レイヤーマスクの削除や適用方法
  レイヤーマスクの、表示/非表示・削除・適用方法を紹介します。
 下の画像も見ながら試しすと判りやすいと思います。
  
○レイヤーマスクのサムネイルを右クリックして項目を出して下さい。
 
レイヤーマスクを使用しない
  この項目を押すたびに、マスクの表示/非表示が切替わります。

レイヤーマスクを削除
  マスクを画像に反映させずに削除します。

レイヤーマスクを適用
  画像にマスクで調整した範囲が反映され、マスク自体は消えます。
   
LayerMask05


●レイヤーマスクの注意点
 レイヤーマスクは使い出すと便利な機能だと判ると思います。
便利なだけに欠点も有り、レイヤーマスクが多くなるとファイルサイズが大きくなり
PSの処理情報も多くなります。そこで調整が終ったレイヤーマスクは
適用させて
マスクを消すと、ファイルサイズとPSの処理が軽減されます。
マシンスペックに不安が有る方はファイルサイズの肥大化に気を付けて下さい。
後々ファイルサイズも含め、もう少し詳しい記事を書く予定です。



 
次の記事、【フォトショップの機能2】レイヤー管理編に続きます。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

【フォトショップの設定3】ブラシ設定編

 画像調整に入る前に、Photoshop(以下PS)で私が使用しているブラシ設定を紹介します。

 PS7から、ブラシをかなり自由にカスタマイズ出来るシステムが搭載されました

ブラシ
のカスタムは、触れてみるとそれなりに奥深く複雑なシステムだと判ると思います。
PSに慣れてない方は、
カスタム方法が判らず敷居が高く感じて、挫折する方もいるでしょう。
 このブログは、着色に慣れてない方でも塗りコラが出来るように、裾野を広げるのが目的の
ため、私が使用しているブラシ設定を公開して、微力ながら皆様のお力になれればと思います



●ブラシ設定ファイルのメリット・デメリット
  まず、PSに慣れてない方だと、デフォルトのブラシの数が多く、どのブラシを使か迷うで
 しょう。そのため、私が塗りコラに使用している6種類のブラシを公開するのでお使いください。基本、
 PSCS5向けですが、特殊なブラシはないのでPS7~CSシリーズなら使える可能性があります。
 (ブラシカスタム機能が無いPS6では使えません)


 
メリット私が使用しているブラシ設定ファイルを使うことで、カスタムする手間が省けます。

 デメリット・PSCS5以前のバージョンでは使えなかったり、バグが出る可能性があります。
  ファイルは、アンチウィルスソフトで検査済みですが、ウィルスに
100%感染してないとは
 言いきれません。
  以上のデメリットを納得された方は、ブラシファイルをお使いください。

●ブラシファイルの公開
  ブログにはブラシファイルを直接UPする事が出来ないため、テキストファイルに変換しました。
 DLしたらファイルの拡張子を変更する必要があるため、エクスプローラーは拡張子を表示する設定
 にしてください。拡張子を表示してない方は、「フォルダ 拡張子 表示」で調べると変更
 方法を書かれているサイト様が見つかると思うので、そちらを参考にして下さい。
 
 下の2つのサムネイルをクリックして、テキストファイルを適切な場所にダウンロードします。
  [tora_brushes]は、PCスペックに余裕がある方向けのブラシです。
  [tora_brushes_light]は、PCスペックに不安がある方向けのブラシです。
  一応、右のファイルは左のファイルより、ブラシの使い勝手が軽くなるように設定にしたので、
  皆様のPCスペックと照らし合わせて、どちらのブラシファイルを使用するか判断してください。

tora_brushes_light_txt

  両方ブラシファイルをダウンロードして、どちらが合うか試して判断すると良いと思います。
 
 皆様の適切なフォルダにダウンロードしたら、エクスプローラーからテキストの拡張子をファイル
  名を変更する要領で「.abr」に変換してください。 PSがインストールされていると下の画像ような
  サムネイルに変わります。これでブラシファイルを読み込むための下準備は終わりです。

http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/l/toloverucoloring/Brushicon02abr.jpg


●ブラシファイルの読み込み方
  PSを起動してください。ブラシファイルを読み込む方法はブラシプリセットウィンドウから行います。
 ブラシプリセットウィンドウを表示してない方は、【フォトショップの設定2
内の[ウィンドウアレンジ方法]
 をご覧になり表示させてください。
■リンク■ 【フォトショップの設定2】フォトショップのレイアウト編

 ①ブラシの保存方法
  まずは、ファイルを読み込んで、ブラシのバグ等が発生した場合に備えるため、現在使用中のブラシ
 ファイルを保存します。
"ブラシプリセット"ウィンドウ右上のボタンをクリックすると、右にウィンドウが出ます。
 右ウィンドウ内の、[ブラシを保存…]を選択すると"保存"ウィンドウ出るので、適切な場所に保存します。
 (保存場所はデスクトップでも構いません)

Brush01save

 ②ブラシの読み込み方法
 
 "ブラシプリセット"ウィンドウ右上のボタンをクリックすると、右にウィンドウが出てきます。ウィンドウ内
 の、[ブラシファイルの読み込み…]を選択すると"読み込み"ウィンドウが出るので、ブラシファイルを
 保存した場所に移動して、拡張子(abr.)のブラシファイルを読み込んでください。プリセットに6個の
 ブラシが追加されます。

Brush02load

 ブラシ設定を読み込んだ後、元の設定に戻す方法は、上の画像で選択しているブラシを保存の
すぐ下にある[ブラシの置き換え…]を選択して、保存したファイルを読み込むと元通りになるはずです。

●ブラシの紹介
  読み込んだブラシを紹介します。今後の記事で、ブラシを指定するためブラシ番号を振りました。
 
Preset_brushes_01

○全てのブラシに、筆圧を弱くすると線が細くなるシェイプ機能が付いています。

  筆圧のシェイプと透明化はペンタブレットをお使いの方しか利きません
。マウスをお使いの方は
 2つの機能は利きませんが、普通のブラシとして使うことは可能です。 

 ①ノーマルブラシ
   筆圧で透明化しないため、主にベタ塗りに使います。ブラシの淵はシャープです。

 ②ノーマル+透明化ブラシ(ペンタブレットのみ)
   筆圧の強弱で透明化するため、私は着色で一番多用します。ブラシの淵はと同じです。

 ③ソフトブラシ
   ブラシの淵はぼけています。ボケあしを付けた柔らかい塗りにする時に使用します。

 
④ソフト+透明化ブラシ(ペンタブレットのみ)

   との違いは透明化設定だけです。ほぼ同じ用途で使用します。

 ⑤線画調整用ブラシ40PX

   線画用ですが、ブラシでベースレイヤーを作る時にも使用します。ブラシの淵は以上に
  シャープです。
  
 ⑥線画調整用ブラシ3PX
   線画調整時に多用します。スキャンで薄くなってしまった線を補ったり、ごみ取りやトーンを
 消す時も使用します。一応、線のクリンナップにも向いています。ブラシの淵はと同じです。


●ブラシのカスタムに慣れてるいる方へ
  私が作ったブラシファイルを読み込みたくない、または自分でブラシをカスタム出来る方に、
 設定を紹介します。カスタム方法に慣れてるいれば、ブラシのバグなどのリスクを考えると、

 皆様で設定した方が安全だと思います。

 ①ノーマルブラシ
   元は、PSの初期ブラシファイルにある普通の円形ブラシです。適当な円形のブラシを選んだら、
 "ブラシ" ウィンドウの
"ブラシ先端のシェイプ"を選択して、"間隔"を1~10%にしてください。次は
 "シェイプ"にチェック を入れて
"サイズのジッター"0%、"コントロール:"を筆圧、"最小の直径"
 "
0%"にしてください。

 
②ノーマル+透明化ブラシ

  
 ブラシ①ノーマルブラシの設定を元に"その他"にチェックを入れて、"不透明度のジッター"を0%、
  "コントロール:""筆圧"にしてください。

 
③ソフトブラシ

   
ブラシ①ノーマルブラシの設定を元に"ブラシ"ウィンドウの"ブラシ先端のシェイプ"を選択して、
  "硬さ"の数値を0%にしてください。


 ④ソフト+透明化ブラシ
   ブラシソフトブラシの設定を元に
"その他"にチェックを入れて、"不透明度のジッター"の数値を0%
  "コントロール:""筆圧"してください。

 ⑤⑥線画調整用ブラシ 
   ブラシの違いはブラシサイズだけです。⑤⑥ブラシノーマルブラシの設定を元に、"散布"
  にチェックを入れて
"数"の数値を"10"にしてください。

  1つのブラシの設定を済ませた度に"ブラシプリセット"ウィンドウの右下"新規ブラシの作成"ボタンを
 押して
ブラシを保存してください。


●ブラシの試し描き

  文章やブラシプリセットの画像だけではブラシの性質が判りづらいと思い、試し描きをしてみました。
 ブラシのはブラシの淵のボケあし、は筆圧による濃淡が出ていると思います。

Brushstroke

○試し書きの薦め
 ペンタブレットを使用している方は、PSで新規ウィンドウを出してブラシの試し描きをしてみると、
各ブラシの特徴が判りやすいでしょう。
ブラシは他と比べてPCスペックの影響を受けやすいです。
ブラシファイルの[tora_brushes_light]を使ってもブラシが重い方は"ブラシ"ウィンドウの
"滑らかさ"にチェックが入っていているか確認して、入っているなら外すと多少軽快になります。

Smoothing01


●ブラシサイズの変更方法
  この記事にUPしたブラシを選択すると、サイズが40PXに固定されているため、サイズの変更
 方法を紹介します。私が知っているだけで3種類あり
長所短所があるため、皆様が使いやすい
 方法を選んでください。

 ①ブラシウィンドウからの変更方法
  "ブラシ"ウィンドウの
"直径"の項目にあるスライダーを左右に動かすか、PXの直径数値を
 打ち込んでブラシサイズを変更します。
 《長所》微調整出来るため任意のサイズに変更しやすいです。
 
《短所》"ブラシ"ウィンドウを常に表示してないと変更しづらく、ウィンドウ上まで手を動かす必要が
     あります。
スライダーを動かしたり、数値を打ち込むため多少手間が掛かります。

BrushSize01

 ②簡易ブラシウィンドウからの変更方法

  画像ウィンドウ内を右クリックすると、下の画像のウィンドウが出るので、"直径"の項目にある
 スライダーを動かすか、PX数値を打ち込んでブラシサイズを変更します。タブレット使用時は、
 ドライバーを出して、ペンのボタンに右クリックが設定してあるか確認しておきましょう。
 
《長所》微調整出来るため任意のサイズに変更しやすいです。ブラシウィンドウからの変更方法
 違い、ウィンドウに手を伸ばす必要がありません。
 《短所》スライダーを動かしたり、PXの
直径数値を打ち込むため多少手間が掛かります。

BrushSize02

 ③キーボードのショートカットキーからの変更方法
  Enter左横の2つのキー
を押してサイズを変更します(下の画像参照)
 《長所》ショートは①②と比べてスライダーなどを使わないため速くサイズを変更出来ます。慣れると
 スライダーや数値を打ち込む方法より、直感的にサイズ調整が出来ます。
 《短所》ブラシのサイズアップが1~10PXまでは1PX単位で変更できますが、10PXを超えると
 5PX単位、50PXを超えると10PX
単位になるため、サイズを大きくすると微調整がしずらくなります。
 ブラシサイズを頻繁に変える作業は、キーボードに手を付ける時間が長くなるため慣れが必要です。

BrushSize03

 お奨めはショートカットを使わないなら番、使うなら番の変更方法です。私は番の
ショートカットを使っています。
 理由は、ブラシ依存ツールのほとんどとラインツールのサイズ変更が出来きて便利だからです。


 PSを使っている方は気付いてるでしょうが、
ブラシは透明化の有無とサイズの違いを除くと実質3種類
で、平凡なものです。私程度の塗りは、特殊なブラシは必要なく、
多すぎても使いこなせないため、
背景を除けば3種類あれば十分です。
ブラシ代わりに「グラデーション」・「ぼかし」・「指先」ツール等なども補助的に使っています。
とは言え
「ぼかし」・「指先」ツールはブラシ特性に依存しているため、ブラシ設定は重要です。
「グラデーション」・「ぼかし」・「指先」ツールは今後紹介する予定です。


 私も、ブラシのカスタムはPS7から搭載されて、長く使っていますが、
正直半分も把握してません。
ブラシカスタムに慣れて来たら、詳しいサイト様をご覧になって自作したり、特殊なブラシを
公開されてる方もいらっしゃるので、お借りす
るのも良いと思います。
 


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

【フォトショップの設定2】フォトショップのレイアウト編

 Photoshop(以下PS)CS5のレイアウトアレンジ方法を紹介します。
レイアウト次第でPSの作業効率が変わるのため、それなりに重要です。
この記事は私が使いやすいレイアウトにしています。PSに慣れてない方の参考に
なればと思います。今後の作業記事はこのレイアウトを前提として書いていきます。

 私が使用するディスプレイは、24インチで画面解像度1920×1200PX、画面比率
16対10、IPS方式の液晶1台です。(PX=ピクセル)


●PSのウィンドウレイアウト例
  下のキャプチャー画像が私の作業用レイアウトです。各ウィンドウを少し解説します。
 下のキャプチャー画像を開いてください。
 画像は≪1920×1169PX≫と大きいため気を付けてください。
 少し小さい画像はこちら→
1200×731PX≫
 
Layout01_PS Windows

○各ウィンドウ名と役割
  画像に振ってある①~⑧のウィンドウ名と機能を少し解説し、⑤⑥⑦はウィンドウを
 重ねる理由も書きます。
 メニューバー以外の各ウィンドウは、他のサイト様ではOOパネルと書かれることも
 ありますが、このブログはOOウィンドウで統一します。
 

①メニューバー
  「メニューバー」は、ファイル保存から画面レイアウトなど様々な機能が集約されて
 いるため、今後の記事でも多用します。PSで最も重要な項目の一つでしょう。
 略して「メニュー」と書くこともあります。

②ツールウィンドウ
  「ツールウィンドウ」はPSの様々なツールを選ぶことが出来ます。下にカラーピッカー
 もあるため必ず表示します。「ツールバー」とも書かれます。

③・④画像ウィンドウ
  PSはこの「画像ウィンドウ」から着色など様々な作業をします。上の画像は一つの
 ファイルを《二重起動》しています。
 (詳しくは
後述の画像ウィンドウの二重起動を参照)
 別名は「カンバス」とも書かれます。


⑤ブラシプリセット・ブラシ・ツールプリセットの三重ウィンドウ
  ウィンドウは、着色で比較的多用する、ブラシ関連のウィンドウをまとめています。
 私はブラシを選ぶ時は、「ブラシプリセット
」ウィンドウからブラシを選択して使用して
 います。「ブラシ」ウィンドウは主にブラシをカスタムする時に使用します。

 
「ツールプリセット」の使用頻度は低いですが、とりあえず表示しています。

⑥色補正・マスク・文字・段落の四重ウィンドウ
  ウィンドウは、と比べて使用頻度の低いツールの調整ウィンドウまとめています。
 「色補正」ウィンドウは色調補正レイヤー使用時に、「マスク」ウィンドウはレイヤー
 マスク選択時の、調整に
使います
 「文字・段落ウィンドウ」は塗りコラではまず使
わないため、表示しなくてもかまいません。

⑦ヒストリー・チャンネル・アクション・パスの四重ウィンドウ
  ウィンドウは画像の表示や描画に関連するウィンドウをまとめています。
 
ヒストリーは作業が失敗した時、作業前に戻ってやり直せるため便利なので、私は
 着色時に多用します。初期設定は50段階戻ることができますが、環境設定の"ヒストリー
 とキャッシュ"から必要に応じて増やせます。
 
 多用するならショートカットキーを憶えると便利です。
 
◇ショートカットキー◇ 『Ctrl+Alt+Z』・ヒストリーを1段階進む
  CtrlとAltを押し続けつつZを押します。Zを押した回数分だけヒストリーが進みます。

 公式では進むと書かれていてますが、ヒストリーの数だけ戻れる又はやり直せると、
 憶えた方がわかりやすい気がします。
 「ヒストリーウィンドウ」と比べると他の使用頻度は低いですが、必ず全て表示しています。
 今後の記事で使います。

⑧レイヤーウィンドウ
  レイヤーを管理するウィンドウです。基本、新規レイヤーの作成、レイヤーの属性を
 通常から乗算などに変えたり、《不透明度:と塗り:》からの透明度の調整はここで
 行うため、必ず表示します。私はレイヤーを沢山使い着色するので、見やすいように
 ウィンドウを長くしてます。


●ウィンドウのアレンジ方法
  ウィンドウのアレンジ方法を紹介します。まずは、下のキャプチャー画像を開いてください。
 画像は≪1920×1169PX≫と大きいため気を付けてください。
 少し小さい画像はこちら→
1200 × 731PX≫

Layout02_Arrangement

○ウィンドウの表示・非表示の選択
  ウィンドウの表示・非表示の選択は「メニューバー」"ウィンドウ(W)"から行います。
 "ウィンドウ(W)"クリックすると下に各項目のウィンドウが出ます。
 初期常態だと画像のように表示されていないウィンドウも多いので選択して表示させます。
 
  少し注意してほしいのは、三重・四重に重ねてあるウィンドウ「ブラシプリセット」
 「ヒストリー」「色補正」の項目は、その中で選択されているウィンドウだけチェック
 入ります。チェックが入ってない=ウィンドウが非表示常態ではありません。
  
  まずは、"ウィンドウ(W)"をクリックして出るウィンドウ内の「3D」から
 「ツール」までの項目を選択して、表示・非表示のシステム構成を把握しましょう

 様々なウィンドウが出るので、不要なら右上の×ボタンから消すことも出来ます。
 ウィンドウを点けたり消したりしながら、取捨選択してアレンジします。


●ウィンドウの重ね方
  各ウィンドウの重ね方を紹介します。試しにブラシプリセットウィンドウに、
 ブラシウィンドウを重ねます。
 
マウス使用時の操作方法なので注意してください。ペンタブレット使用時は左ボタンの
 操作は不要です。

《1》ブラシウィンドウ上部、下の画像の赤枠内がドラッグ出来る範囲です。
   試しに左ボタンを押して、ドラッグしてみましょう。


《2》ブラシプリセットウィンドウに向けて、ブラシウィンドウをドラッグ&ドロップすると
   途中でウィンドウが半透明になります。この状態から左ボタンを離します。


《3》ウィンドウが重なったと思います。解除する場合は、下の画像赤枠内の[ブラシ]
   書かれた部分を、左ボタンを押しつつウィンドウ外にドラッグ&ドロップすると外せます。
   ウィンドウの右下の隅をD&Dすると、サイズを調整できます。



●画像ウィンドウの二重起動
  画像ウィンドウの二重起動の方法を紹介します。まずは、メニューバーの"ファイル(F)"
 から、"新規(N)"か"開く(O)"を選択して適当な画像を開いてください。画像ウィンドウを
 選択して、メニューの"ウィンドウ(W)"をクリックすると、各項目が表示されます。
 "アレンジ(A)"にカーソルを合わせるかクリックすると、横にウィンドウが出て来るので、
 一番下の"ファイル名&新規ウィンドウ(W)"を選択すると、画像ウィンドウが新たに開いて、
 二重起動常態になります。
 ◇ショートカットキー◇ 新規(N)『Control+N』 開く(O)『Control+O』
 PSのバックグラウンド(灰色)をダブルクリックをしても、ショートカット開く(O)
 代わりになります。
 
Layout03_Dual boot

○二重起動の必要性
  なぜ画像ウィンドウを二重起動する必要があるのか?疑問に思う方も多いでしょう。
 (このブログでは便宜上、左のウィンドウを「サブ」・右を「メイン」と書きます)
 私は、着色中に観察するための画像としてサブウィンドウを表示しており、着色などの
 実作業はメインウィンドウで行います。
  メインウィンドウは作業上、ズームアップしている時間が多く広い範囲を見渡しづら
 いため、サブウィンドウは全体または部分的にズームダウンして広い範囲を見ながら、
 塗りのバランスが崩れてないか確認しています。
 サブウィンドウを表示すると、メインウィンドウをズームダウンして全体を観察する
 手間を省いています。

  しかし、メインウィンドウをズームダウンして全体を見渡すことが手間でなければ、
 必須ではありません。サブウィンドウは皆様の作業環境に応じて出すか決めてください。


≪注意≫二重起動は、1枚の画像を2つのウィンドウで表示しているだけです。
 画像を2枚開くわけではないため、PCの負担も少なく、マシンスペックに不安が
 ある方が使用しても問題ないでしょう。

○TN方式パネルのディスプレイを使用している方へ
  TN方式ディスプレイは視野角が狭いため、着色に使うメインウィンドウと比べて、
 サブウィンドウの色やコントラストが、変化している可能性が高いです。
 ワイドディスプレイだと顕著なためご注意下さい。


●レイアウトとディスプレイの画面比率と解像度

  PSのレイアウトはディスプレイの画面比率と解像度で変えるのが最良だと思います。
 今主流のワイドディスプレイはほとんどが16:10の1920×1080PXです。
 解像度1920×12001920×1080のディスプレイでは、画面比率が16:10と16:9では
 それほど差がないため、同じレイアウトにしても問題ないでしょう。
 ワイドディスプレイで解像度1680×1050ぐらいの方は、各ウィンドウのため少し狭く
 なりますが、ウィンドウを小さくする等、レイアウトを少し調整する程度ですむでしょう。


  レイアウトに差が出るのは、画面比率4:3のスクエアディスプレイと1280×768ぐらい
 の少し解像度が低めのディスプレイを使用している方です。

 (スクエアディスプレイ・CRTモニター全般とNANAOのL997など)
 スクエア
・低解像度ディスプレイを使用している方は、ツールウィンドウをフローティング
 させるか細くし、ウィンドウのを統合すると、画面内に余裕が出ると思います。
 根拠は、私が以前19インチCRTモニターでPS7を使用していた時のレイアウトと
 ほぼ同じだからです。
 私のレイアウトは、CRT時代から大きく変えていないため古い臭いのかもしれません(汗)

  ここで採り上げたディスプレイより解像度が低くても塗れます。
  
  私はディスプレイ一台なのでこのようなレイアウトにしていますが、デュアルモニター
 の方はサブディスプレイに、画像のサブウィンドウと使用頻度が低いウィンドウを集めると
 いいかもしれません。(デュアルモニター羨ましい…ぐぬぬ)


●ついでのおすすめディスプレイ
  今主流の液晶ディスプレイはTN・VA・IPSの三方式があり、グレアとノングレアの
 違いもあります。(グレア=画面の光沢有り・ノングレア=光沢無し)
 
着色でお勧めの方式は、ワイドの23インチ以上(1920×1080)、IPS方式のノングレアです。
 理由は、画面が広いためPSが使いやすく、IPS方式は視野角度による変色が少なく、
 ノングレアは周りが移り込みつづらいため、目が疲れにくくて見やすいです。
 IPSの短所はTN・VA式と比べて基本応答速度が遅い、画面コントラストが低いなど、
 色々あります。しかし、最近はこの短所も改善されつつあります。

  今使用中のディスプレイが、TNかVAのグレア液晶でも、着色に支障がなければ
 問題ありません。次の買い換え、買い足し時の参考程度と考えてください。

 後半はぐだぐだな俺理論を展開しましたが、話半分程度と流してやってください。

 PSに慣れたら私のレイアウト設定にこだわらず、皆様の使い方や
環境に合ったレイアウト
を模索するのが一番だと思います。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

山岩珠胚

Author:山岩珠胚
(やまいわしゅうはい)
着色依頼は受けません。
連絡先
yamaiwasyuuhai(山)
gmail.com
(山)=@

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。