スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フォトショップの設定1】環境設定編

 Photoshop(以下PS)の作業に入る前に、環境設定を調整します。
●環境設定とは?
 PSのパフォーマンスの変更から、ツール使用時の表示変更まで、
幅広くカスタマイズ
できる項目です。
適切に調整するとPSが使いやすくなります。

 この記事は、私のPSの使い方とPCスペックを考慮して、使いやすいと感じる設定に
しています。全ての方が使いやすくなる設定ではないかもしれません。
あくまで、PSに慣れてない方や、環境設定がわからない方への参考として書いていきます。
慣れた方は、お持ちのPCスペックを考慮して独自設定を模索してください。
あくまでPS・CS5の環境設定なので注意してください。
PS7以降の環境設定は共通する項目もありますが、参考にならない可能性も高いです。

 今回から、一部のショートカットキーも載せていきます。

●フォトショップの環境設定を最適化する方法
 まずはフォトショップを起動してください。

○環境設定ウィンドウを開きます ◇ショートカットキー『Control+K』
 環境設定の開きかたを説明します。PSのメニューバーの"編集(E)"をクリックすると
下に項目が開きます。項目の下の方にある"環境設定(N)"にカーソルを合わせると横に項目が
出くるので、"一般(G)"を選択すると環境設定ウィンドウが開きます。



○環境設定ウィンドウから各項目を変更します
 環境設定ウィンドウが開くと、左側に"インターフェイス"や"ファイル管理"などの
項目が出るので、選択するとそれぞれの設定画面に切り変わります。(下の画像を参照)

 以下は各項目の設定例です。

①一般
 "一般"の各項目は変更しません。



②インターフェイス

 ○パネルとドキュメント
  "パネルとドキュメント"内の4項目は、画像ウィンドウの表示に影響します。
 4項目の選択・解除を試しながら、皆様が使いやすいように設定してください。
 私はPS7の使い勝手に近づけるため、4項目は全て解除しています。



③パフォーマンス

 ○メモリの使用状況
  "メモリの使用状況"を調整してPS上で使用するメモリ(RAM)を増やします。
  調整する手順は2つあります。
 (Ⅰ)Photoshopで使用する容量(L)横の項目に、任意の数値を打ち込む。
 (Ⅱ)スライダー横左右のプラスマイナスボタンをクリックするか、スライダー下の
   矢印をスクロールして増減させる。
   
  "メモリの使用状況"の数値とスライダーは連動します。
 私は(Ⅱ)の手順が調整しやすいので、スライダーから設定してます。
  
  PSを高パフォーマンスで使用したい方は、メモリ使用量を60~90%に設定すると
 いいでしょう。私は80~90%に設定しています。

 ○ヒストリー&キャッシュ
  ヒストリー数(H)の項目を変えると、ヒストリーパネルの最大数が増減します。
 デフォルトのヒストリー数(H)は50の筈です。数が多すぎるとPSの動作が多少
 遅くなります。私は100に設定しています。

 ○仮想記憶ディスク
  チェックを入れると各ドライブに仮想記憶(一時記憶)を割り振ります。
  私は3ドライブ全てに割り振っています。



 ○仮想記憶の割り振りとは?
  簡単に書くと、仮想(一時)記憶を複数のドライブに割り振ることで、PS使用時の
 フリーズの確立が下がります。詳しく知りたい方は調べてみてください。

④カーソル

 ○ペイントカーソル
  ブラシ・消しゴムなど、ペイント系ツールのカーソルのデザインが変わります。
 デフォルトでは標準(T)のはずです。私は、標準(T)と精細(R)は画像ウィンドウ上で
 ブラシサイズが判らないため、着色時に使いづらく感じます。
 ブラシの先端(標準)(B)か(フルサイズに)(F)に変更するのが無難だとおもいます。
 しかし、標準・精細のカーソルで慣れた方は、無理に変更する必要はありません。
 私はブラシの先端(標準)(B)を選択してます。
 
 ○その他カーソル
  スポイト・パスツールなどのカーソルのデザインが変わります。
 標準(A)精細(E)共に特に使いづらくなければ、好みで選んでください。
 私は精細(E)を選択してます。



 私の環境設定の変更は以上で終わりです。取り上げていない項目は変更していません。

≪注意≫
 パフォーマンスの項目で変更した設定は、PSを再起動しないと適用されません。
 設定が終わったら必ず再起動しましょう。

 


 ためしに、③のメモリの使用状況と④のペイントカーソルだけでいいので変更してみて
ください。2項目だけでも、PSのパフォーマンスとブラシの使用感が多少変わるため、
着色時に違いが出ると思います。

 紹介した環境設定の項目は、私が把握している範囲だけ取り上げているため、詳しく知りたい
方はPSのヘルプやアドビ社のHPをご覧ください。
またこの記事より、遥かに判りやすくて詳しい記事を書いているサイト様は沢山あるので
調べてみるのもいいとおもいます。

 今回の記事の内容は、今までよりさらに間違が多い可能性が高いです。
メールかコメントで指摘していただければ、調べた後修正いたします。

スポンサーサイト

使用ハードウェアとフォトショップのバージョン

 Photoshop(以下PS)は昔からプロ向けのソフトウェアなので、快適に使うためには
それなりのPCスペックを要求されます。
最近は、64bitOSを使いメモリを沢山搭載して、快適に制作されてる方も多いでしょう。

 参考になるかわかりませんが、私が使用しているハードとソフトの紹介と解説をします。

○使用OSとPC
 OS・windows 7 64bit
 CPU・Intel Core i5
 メモリ・8GB(最近2G積みました)
 ビデオカード・GeForce315

 PSの使用優先で、64bit版OSとメモリ以外は重視していないPCです。
しかし、マザーボードのメモリ上限が8Gなので本当に中途半端です…。
皆様がPCを新調や自作する時は、余裕があれば64bitOSと、マザーボードのメモリ
上限は16G以上の物がお勧めです。
≪注意≫32bit版OSはメモリの認識上限が4Gまでです。
 最近のPSは、ビデオカードのGPUの依存率が上がっているとの話も聞きますし、
元来、PC上の色はビデオカードにそれなりに依存しているため重要だとは思います。

○ディスプレイ
・NANAO WUXGA(1920×1200)
 液晶だけは少々奮発しました。古いですけど…

○ペンタブレット・Intuos2 i-620
 何故今時Intuos2を使っている?と疑問に思われそうですが、タブレット本体がシンプルで
ペンが丈夫だからです。私は本体のボタンは全く使わないのと、最新のドライバーにすれば
16:9の画面にも対応できますし、まだ壊れないので使っているだけです。
今新しく買うなら、入門用にBamboo、じっくり使うならIntuos4でいかがでしょう?。

○使用ソフト・Photoshop CS5・64bit版
 私はPS5.5から使い始め、PS7を一番長く使い、現在はPS・CS5・64bit版を
使用しいてます。
以前から買っている方向けの話になりますが、PSのバージョンはOS32bitのメモリ
4G上限問題のため、使用しているPCのスペックやOSによって変えるといいと思います。
XP32bit版をお使いの方はPS7で十分ですし、64bit版OSならメモリを沢山積んで
64bit版CS4・CS5を使うと快適でしょう。しかし、windowsVistaや7の32bit版でも
適度にメモリを積めば、PS・CSシリーズを十分に使用できるはずです。
簡単に書くと、マシンスペックとPSのバージョンがつり合うように
しましょう。
しかし今PSの新品を買うなら、CS4と5・CS5.5ぐらいしか選べないかも?
私は使ってないですが、廉価版のPhotoshop・Elementsを代わりにしてもいいかもしれません。
他のシェアソフトを使うなら、SAIでもある程度は代わりになります。
その他のグラフィックソフトや、フリーソフトは使って無いのでわかりません。
≪注意≫アドビ・イラストレーターは基本DTP用なので、着色には向いていません。

○古めのPCを使っている方へ
 私の経験上、PS7なら古めのPCでもPSが全く使えないことはまずないと思います。
以前は、OS・XP、CPU・Pentium 4・2.30GHz、メモリ・1.5GのPCでPS7を使って
作業していました。
今はあまりいないでしょうが、これ以下のスペックのPCでPS7を使うのは少し厳しい
かもしれません。PS7でもメモリは最低1Gはほしいところです。

○今後の記事はCS・5を想定して書いていきます。
 理由とそれに伴うフォトショップのバージョンの違いの話です。

 PSは7からシステムとインターフェースが大幅に変更されました。
PS7は、主にカスタムブラシやレイヤーフォルダーが搭載されて、CS以降の
フォトショップの原型になったようで、CSシリーズもツールが追加されたりはしますが、
表面上はそれほど大きな変化はありません。
7以前と以降のシリーズは、インターフェース、特にレイアウトを根本的に変えたため
使用工程にも違いが出るので、私も5.5から7に代えた当初は戸惑いましたが、使い続けて
じきに慣れました。
しかし、PS5と5.5は動作が軽いため、今も愛用している方もいるでしょう。

色々違いはありますが、今後の記事も少しは参考になるかもしれません。

PS6も少し使いましたが、正直システムの変更途中で中途半端なためにお勧めできません。
作りが雑な上に、レイヤーフォルダーが無いのが致命的です。私は使いにくかったので、
PS5か5.5の方がまだましだと思っています。

 とは言え塗りコラなので、PSに拘らずにお持ちのソフトを活かして着色しましょう。

 今回の記事を書くにあたり少し調べていますが、多少偏見も含まれています。
間違いもあると思うので、メールかコメントで指摘して頂ければ、調べたあと修正いたします。
毎度雑な長文で申し訳ありません。


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

漫画のスキャニング

 雑誌解体方法2で解体した漫画をスキャニングします。
(スキャニング=スキャナーを使った取り込み)
私は、板(フラットベット)スキャナーで数千枚単位のスキャニングを経験しています。
この記事で、スキャニングに慣れてない方の指針になれれば幸いです。

●スキャナー各部位の名称
 今回の記事は各部位を、原稿マット・原稿カバー・原稿台・電源ボタンの名称で
 書いていきます。詳しくは下の写真を参照してください。



●スキャニングに使用する道具
 
○スキャナー
  私は上の写真の通りEPSON・GT-S630を使用しています。
 他メーカー製や、フラットベットスキャナー、ドキュメントスキャナー、
 複合機のスキャナーでも問題ありません。
 3種類のスキャナーの内、一機種あれば新たに買う必要はないので各々持っている
 ものを使用してください。手動式はちょっと…

○クロス
  布製のクロス。液晶クロスや眼鏡クロスを用意してください。スキャナーの原稿台に
 ゴミや指紋が付いたら拭き取るために使います。埃程度ならエアダスターを使い
 飛ばしてしまうのもいいでしょう。
 ★注意 原稿台にウェットティッシュ状のクリーナーは、基本使用しないでください。
 過去に原稿台全体を拭きましたが、水染みが付いてなかなか取れず消すためには
 クロスで何度も拭くことになり、無駄に時間が掛かりました。まさに大惨事(汗)
 例外的に、原稿台に製本のりなど粘着性の強いものが付いたときは、部分的に使うと
 良いかもしれません。使用した後は必ず布クロスで拭きましょう。
 
○黒い紙
 黒い紙を使い裏写りを軽減します。 雑誌は紙が薄いため、スキャナーの
 原稿マットが白いと裏写りします。原稿の上に黒い紙を乗せてスキャン
 することで、裏写りが軽減されます。後の画像調整に影響するため必須です。
 私は画用紙を使っています。
 
  通常のスキャンと、黒紙を使ってスキャンした画像を比較してみます。
  下の画像を開いてご覧ください。


  
 画像左
、通常スキャンだとルンとリトの顔の部分に、裏写りしています。
 画像右側、黒紙を使ってスキャンので裏写りが軽減されています。



●各社スキャナー共通スキャン設定
  板状スキャナーと複合機付きのスキャナーに共通する、漫画(白黒)原稿の
 スキャニングに向いた設定と、注意点を書き出します。
 
 この項目はメーカーや機種によって変わるので、あくまで目安とお考えください。

スキャナーに原稿をセットした後、上に黒い紙を乗せます。
  原稿台に対して原稿が傾かないようにセットしたら、上に黒い紙を乗せます。

スキャナードライバーの補正(傾き補正や色の補正等)は解除します。
  
PC上でグラフィックソフトを使えば、手軽にで調整できるためです。

白黒原稿を取り込む際は、8ビットグレーにしてスキャンします。
  グレーはメーカーや機種により名称の違いがあるかもしれませんが、基本は同じです。
 (グレー=カラー情報を除いた取りみ込み形式) 
 白黒原稿をカラー画像の設定でスキャニングすると、PCへの転送情報が肥大化するため
 スキャン速度が低下して、非効率的です。

解像度は200~400の間に設定します。
  私は、
スキャナーの種類や性能によりますが、は解像度200~400位が取り込み速度と
 
画像サイズ、が適度で効率的だとおもいます。
 画像を大きく取り込みたい場合は、解像度400以上でもい構いません。
 解像度が200以下だと取り込み速度が速くなりますが、画像サイズが小さくなりすぎない
 ように注意してください。

スキャナードライバーでトリミングします。
  スキャンする前にドライバー上でトリミングすると取り込み速度が若干速くなります。
 例として、エプソンの板スキャナーのドライバーは、プレビューウィンドウに『取り込み枠』
 ツールがあります。このツールは、プレビューウィンドウ上で選択範囲を作ることで
 無駄な部分を除いて取り込むことが出来ます。

 以上の5項目に注意すると、スキャニングと後のPC上の作業効率が良くなるでしょう。


●EPSON製スキャナー、GT-S630の設定
  ここからは、私が使っているEPSON・
GT-S630のドライバー設定を書きます。
 基本はGT-S630だけに適用される設定ですが、
同社の同価格帯の板スキャナーなら
 ドライバーの構成がほぼ同じ可能性があるため、参考になるかもしれません。
 根拠は、このスキャナーを買う前はEPSON・GT-7400Uを使用していましたが、
 今使用しているスキャナーとドライバーの構成がほぼ同じでした。

○黒い紙を貼って時間短縮
  私のスキャナーの原稿マットは下の写真の通り、黒画用紙を貼ってます。
 ダークネスは、毎月全ページススキャンしているので回数が多くなり、
 スキャンの度に画用紙を調整するのが面倒なためです。

 スキャナーの原稿マットの全範囲はA4より広いため、A3かB4の画用紙を、
 マットより少し大きめに切ってテープで止めます。マスキングテープを使うと
 粘着力が弱いので、後で剥がしやすくなります。
 参考にいかがでしょうか?結構便利ですよ。


 

まず始めにスキャナーの電源ボタンを押して電源を入れます。次はスキャナーとPCを
 USBケーブルで繋ぎます。原稿台に原稿をセットして上に黒い紙を乗せ、原稿カバーを
 閉じます。原稿と黒い紙は、原稿台の淵の左か下に合わせると傾きにくくなります。



 黒い紙を原稿マットに貼りたくない方は、上の写真のようにA4サイズの紙を
 乗せてください。「うおっまぶしっ!!」

スキャナーのドライバーをインストールします。
 EPSONのホームページから、OSに合った最新のドライバーをダウンロードして、
 インストールを済ませてください。詳しくはスキャナーの説明書かHPをご覧ください。

ドライバーを"プロフェッショナルモード"に変更します。
 スキャナーの電源が入っているか確認して、EPSON Scan(ドライバー)を
 立ち上げます。ドライバーの初期設定は"全自動モード"なっているので"モード(M)"を
 クリックして"プロフェッショナルモード
"を選択します。



プロフェッショナルモードに変更すると、設定保存・原稿設定・出力設定・調整・
 の項目が出てくるので、以下の通りに設定してください。

(Ⅰ)【設定保存】 変更無し。

(Ⅱ)【原稿設定】 "原稿種(Y)"を"反射原稿"に変更、"取り込装置(U)"を
          "原稿台"・"自動露出(X)"を"写真向き"に変更。

(Ⅲ)【出力設定】 "イメージタイプ(I)"を"8bitグレー"に"イメージオプション"は
          "なし"にする。"速度優先"のチェックを外す。"解像度(L)"は"300"。 

(Ⅳ)
【 調整 】 "アンシャープマスク"など、全ての項目を解除する。

 文章だとわかりづらいですね(汗)下のキャプと同じ設定にしてください。



ドライバーによる色補正を解除します。
  ウィンドウ下の"環境設定(O)"ボタンを押して環境設定ウィンドウを出します。
 "カラー"を選択して"色補正なし(N)"にチェックを入れて、OKボタンを押します。



スキャンの前にプレビューをしましょう。
  "プレビュー(P)"押すとプレビュースキャンがはじまり、結果がプレビューウィンドウ
 として開かれます。ウィンドウ上で、大まかに原稿の傾きとゴミが入ってないかを
 確認できます。傾ていたら原稿を動かして調整し、ゴミが入っていた場合も原稿台を
 クロスで拭き取り、再度プレビューします。
 
プレビュースキャンは通常のスキャンより速いため、効率的に調整できるので納得行くまで
 何回でもやり直せます。



プレビューウィンドウで取り込み範囲を決めます。
  プレビューウィンドウ上でドラック&ドロップすると、選択範囲が出て来るので
 取り込み範囲を決めます。
 取り込み範囲は二重三重に出るため、
無駄な選択範囲は"取り込み枠削除"ボタンで消します。



スキャンして画像を保存します。
  問題がなければ下の"スキャン(K)"ボタンを押すと
"保存ファイルの設定"ウィンドウが
 ひらきます。"保存先フォルダー(L)"と"ファイル名"は
"参照"をチェックして適切な
 フォルダーを指定します。"保存形式
"BMP(ビットマップ)が画像の劣化も無く
 扱いやすいですが、ファイルサイズが大きくなるため、JPGでもかまいません。
 HDD容量と相談して保存形式を決めてください。私はBMPで取り込んでいます。
 
"保存ファイルの設定"ウィンドウ"内の、"OK"ボタンを押すとスキャンが始まります。




  ここまでの設定を終えた後、"設定保存
"の項目"名称(A):"の右にある"現在の設定"
 部分に任意の名前を入れて
"保存ボタン"を押すとスキャン設定を保存できます。
 ドライバーが壊れるか、削除するまで残るので、次にスキャンする時に選択すると
 同じ設定で取り込めます。
  この設定から
"イメージオプション"を"24bitカラー"に変えるとラー原稿用の
 スキャン設定になるので、こちらも保存しておくといいでしょう。

ファイルサイズを比較するため、3つの保存形式でスキャンしてみました。
 保存形式以外は同じ設定で取り込んだ結果、
「BMP・6.59MB」
 「JPG・1
.46MB」「PDF・560KB」
と、ファイルサイズに差がでました。
 しかし、PDFファイルをフォトショップ上で、PSDに変換したところ33.5MBに…
 
しかも画像が白っぽい?「どういうことだってばよ!?」
 経験上、他の保存形式からPSDに変換しても、ファイルサイズがここまで
 肥大化することは無かったのですが…これじゃPDFは選べない…。
 PDFで取り込んだのは初めてだったので、設定が悪かったのかもしれません。
 
よければ詳しい方、メールやコメントで情報をください。

  原稿の上下が逆だって?「いんだよ 細けぇ事は!!」冗談はさておき…
 私のスキャナーの原稿台は四隅に3ミリほど取り込めない領域があり、原稿がここに
 
入るとその部分は取り込めずに切れてしまいます。スキャナーの仕様なのでどうしようも
 ありません。そこで、
原稿の切れても問題ない四隅の一辺を、原稿台の隅に合わせることで
 傾きにくくするため、わざと上下を逆にしています。

 取り込んだ後はウィンドウズ標準ビューワーで90度づつ回転して、上下を元に戻せば
 劣化しなのでスキャンし直す必要はありません。
 理屈はあるので詳しくはピクセルで調べてください。

  
GT-S630は安いわりになかなか使えるスキャナーで、速度は遅めですが
 白黒漫画を取り込むのは、この位の性能でも特に問題ありません。
 しかし一話分、全ページ取り込むと1時間以上掛かってしまいますが…(汗)

  長くなったためやっつけになりましたが、スキャン記事はこれで終わります。
 わかりづらい文章などメールやコメントでご指摘してください。修正いたします。



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

山岩珠胚

Author:山岩珠胚
(やまいわしゅうはい)
着色依頼は受けません。
連絡先
yamaiwasyuuhai(山)
gmail.com
(山)=@

カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。