スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フォトショップの設定3】ブラシ設定編

 画像調整に入る前に、Photoshop(以下PS)で私が使用しているブラシ設定を紹介します。

 PS7から、ブラシをかなり自由にカスタマイズ出来るシステムが搭載されました

ブラシ
のカスタムは、触れてみるとそれなりに奥深く複雑なシステムだと判ると思います。
PSに慣れてない方は、
カスタム方法が判らず敷居が高く感じて、挫折する方もいるでしょう。
 このブログは、着色に慣れてない方でも塗りコラが出来るように、裾野を広げるのが目的の
ため、私が使用しているブラシ設定を公開して、微力ながら皆様のお力になれればと思います



●ブラシ設定ファイルのメリット・デメリット
  まず、PSに慣れてない方だと、デフォルトのブラシの数が多く、どのブラシを使か迷うで
 しょう。そのため、私が塗りコラに使用している6種類のブラシを公開するのでお使いください。基本、
 PSCS5向けですが、特殊なブラシはないのでPS7~CSシリーズなら使える可能性があります。
 (ブラシカスタム機能が無いPS6では使えません)


 
メリット私が使用しているブラシ設定ファイルを使うことで、カスタムする手間が省けます。

 デメリット・PSCS5以前のバージョンでは使えなかったり、バグが出る可能性があります。
  ファイルは、アンチウィルスソフトで検査済みですが、ウィルスに
100%感染してないとは
 言いきれません。
  以上のデメリットを納得された方は、ブラシファイルをお使いください。

●ブラシファイルの公開
  ブログにはブラシファイルを直接UPする事が出来ないため、テキストファイルに変換しました。
 DLしたらファイルの拡張子を変更する必要があるため、エクスプローラーは拡張子を表示する設定
 にしてください。拡張子を表示してない方は、「フォルダ 拡張子 表示」で調べると変更
 方法を書かれているサイト様が見つかると思うので、そちらを参考にして下さい。
 
 下の2つのサムネイルをクリックして、テキストファイルを適切な場所にダウンロードします。
  [tora_brushes]は、PCスペックに余裕がある方向けのブラシです。
  [tora_brushes_light]は、PCスペックに不安がある方向けのブラシです。
  一応、右のファイルは左のファイルより、ブラシの使い勝手が軽くなるように設定にしたので、
  皆様のPCスペックと照らし合わせて、どちらのブラシファイルを使用するか判断してください。

tora_brushes_light_txt

  両方ブラシファイルをダウンロードして、どちらが合うか試して判断すると良いと思います。
 
 皆様の適切なフォルダにダウンロードしたら、エクスプローラーからテキストの拡張子をファイル
  名を変更する要領で「.abr」に変換してください。 PSがインストールされていると下の画像ような
  サムネイルに変わります。これでブラシファイルを読み込むための下準備は終わりです。

http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/l/toloverucoloring/Brushicon02abr.jpg


●ブラシファイルの読み込み方
  PSを起動してください。ブラシファイルを読み込む方法はブラシプリセットウィンドウから行います。
 ブラシプリセットウィンドウを表示してない方は、【フォトショップの設定2
内の[ウィンドウアレンジ方法]
 をご覧になり表示させてください。
■リンク■ 【フォトショップの設定2】フォトショップのレイアウト編

 ①ブラシの保存方法
  まずは、ファイルを読み込んで、ブラシのバグ等が発生した場合に備えるため、現在使用中のブラシ
 ファイルを保存します。
"ブラシプリセット"ウィンドウ右上のボタンをクリックすると、右にウィンドウが出ます。
 右ウィンドウ内の、[ブラシを保存…]を選択すると"保存"ウィンドウ出るので、適切な場所に保存します。
 (保存場所はデスクトップでも構いません)

Brush01save

 ②ブラシの読み込み方法
 
 "ブラシプリセット"ウィンドウ右上のボタンをクリックすると、右にウィンドウが出てきます。ウィンドウ内
 の、[ブラシファイルの読み込み…]を選択すると"読み込み"ウィンドウが出るので、ブラシファイルを
 保存した場所に移動して、拡張子(abr.)のブラシファイルを読み込んでください。プリセットに6個の
 ブラシが追加されます。

Brush02load

 ブラシ設定を読み込んだ後、元の設定に戻す方法は、上の画像で選択しているブラシを保存の
すぐ下にある[ブラシの置き換え…]を選択して、保存したファイルを読み込むと元通りになるはずです。

●ブラシの紹介
  読み込んだブラシを紹介します。今後の記事で、ブラシを指定するためブラシ番号を振りました。
 
Preset_brushes_01

○全てのブラシに、筆圧を弱くすると線が細くなるシェイプ機能が付いています。

  筆圧のシェイプと透明化はペンタブレットをお使いの方しか利きません
。マウスをお使いの方は
 2つの機能は利きませんが、普通のブラシとして使うことは可能です。 

 ①ノーマルブラシ
   筆圧で透明化しないため、主にベタ塗りに使います。ブラシの淵はシャープです。

 ②ノーマル+透明化ブラシ(ペンタブレットのみ)
   筆圧の強弱で透明化するため、私は着色で一番多用します。ブラシの淵はと同じです。

 ③ソフトブラシ
   ブラシの淵はぼけています。ボケあしを付けた柔らかい塗りにする時に使用します。

 
④ソフト+透明化ブラシ(ペンタブレットのみ)

   との違いは透明化設定だけです。ほぼ同じ用途で使用します。

 ⑤線画調整用ブラシ40PX

   線画用ですが、ブラシでベースレイヤーを作る時にも使用します。ブラシの淵は以上に
  シャープです。
  
 ⑥線画調整用ブラシ3PX
   線画調整時に多用します。スキャンで薄くなってしまった線を補ったり、ごみ取りやトーンを
 消す時も使用します。一応、線のクリンナップにも向いています。ブラシの淵はと同じです。


●ブラシのカスタムに慣れてるいる方へ
  私が作ったブラシファイルを読み込みたくない、または自分でブラシをカスタム出来る方に、
 設定を紹介します。カスタム方法に慣れてるいれば、ブラシのバグなどのリスクを考えると、

 皆様で設定した方が安全だと思います。

 ①ノーマルブラシ
   元は、PSの初期ブラシファイルにある普通の円形ブラシです。適当な円形のブラシを選んだら、
 "ブラシ" ウィンドウの
"ブラシ先端のシェイプ"を選択して、"間隔"を1~10%にしてください。次は
 "シェイプ"にチェック を入れて
"サイズのジッター"0%、"コントロール:"を筆圧、"最小の直径"
 "
0%"にしてください。

 
②ノーマル+透明化ブラシ

  
 ブラシ①ノーマルブラシの設定を元に"その他"にチェックを入れて、"不透明度のジッター"を0%、
  "コントロール:""筆圧"にしてください。

 
③ソフトブラシ

   
ブラシ①ノーマルブラシの設定を元に"ブラシ"ウィンドウの"ブラシ先端のシェイプ"を選択して、
  "硬さ"の数値を0%にしてください。


 ④ソフト+透明化ブラシ
   ブラシソフトブラシの設定を元に
"その他"にチェックを入れて、"不透明度のジッター"の数値を0%
  "コントロール:""筆圧"してください。

 ⑤⑥線画調整用ブラシ 
   ブラシの違いはブラシサイズだけです。⑤⑥ブラシノーマルブラシの設定を元に、"散布"
  にチェックを入れて
"数"の数値を"10"にしてください。

  1つのブラシの設定を済ませた度に"ブラシプリセット"ウィンドウの右下"新規ブラシの作成"ボタンを
 押して
ブラシを保存してください。


●ブラシの試し描き

  文章やブラシプリセットの画像だけではブラシの性質が判りづらいと思い、試し描きをしてみました。
 ブラシのはブラシの淵のボケあし、は筆圧による濃淡が出ていると思います。

Brushstroke

○試し書きの薦め
 ペンタブレットを使用している方は、PSで新規ウィンドウを出してブラシの試し描きをしてみると、
各ブラシの特徴が判りやすいでしょう。
ブラシは他と比べてPCスペックの影響を受けやすいです。
ブラシファイルの[tora_brushes_light]を使ってもブラシが重い方は"ブラシ"ウィンドウの
"滑らかさ"にチェックが入っていているか確認して、入っているなら外すと多少軽快になります。

Smoothing01


●ブラシサイズの変更方法
  この記事にUPしたブラシを選択すると、サイズが40PXに固定されているため、サイズの変更
 方法を紹介します。私が知っているだけで3種類あり
長所短所があるため、皆様が使いやすい
 方法を選んでください。

 ①ブラシウィンドウからの変更方法
  "ブラシ"ウィンドウの
"直径"の項目にあるスライダーを左右に動かすか、PXの直径数値を
 打ち込んでブラシサイズを変更します。
 《長所》微調整出来るため任意のサイズに変更しやすいです。
 
《短所》"ブラシ"ウィンドウを常に表示してないと変更しづらく、ウィンドウ上まで手を動かす必要が
     あります。
スライダーを動かしたり、数値を打ち込むため多少手間が掛かります。

BrushSize01

 ②簡易ブラシウィンドウからの変更方法

  画像ウィンドウ内を右クリックすると、下の画像のウィンドウが出るので、"直径"の項目にある
 スライダーを動かすか、PX数値を打ち込んでブラシサイズを変更します。タブレット使用時は、
 ドライバーを出して、ペンのボタンに右クリックが設定してあるか確認しておきましょう。
 
《長所》微調整出来るため任意のサイズに変更しやすいです。ブラシウィンドウからの変更方法
 違い、ウィンドウに手を伸ばす必要がありません。
 《短所》スライダーを動かしたり、PXの
直径数値を打ち込むため多少手間が掛かります。

BrushSize02

 ③キーボードのショートカットキーからの変更方法
  Enter左横の2つのキー
を押してサイズを変更します(下の画像参照)
 《長所》ショートは①②と比べてスライダーなどを使わないため速くサイズを変更出来ます。慣れると
 スライダーや数値を打ち込む方法より、直感的にサイズ調整が出来ます。
 《短所》ブラシのサイズアップが1~10PXまでは1PX単位で変更できますが、10PXを超えると
 5PX単位、50PXを超えると10PX
単位になるため、サイズを大きくすると微調整がしずらくなります。
 ブラシサイズを頻繁に変える作業は、キーボードに手を付ける時間が長くなるため慣れが必要です。

BrushSize03

 お奨めはショートカットを使わないなら番、使うなら番の変更方法です。私は番の
ショートカットを使っています。
 理由は、ブラシ依存ツールのほとんどとラインツールのサイズ変更が出来きて便利だからです。


 PSを使っている方は気付いてるでしょうが、
ブラシは透明化の有無とサイズの違いを除くと実質3種類
で、平凡なものです。私程度の塗りは、特殊なブラシは必要なく、
多すぎても使いこなせないため、
背景を除けば3種類あれば十分です。
ブラシ代わりに「グラデーション」・「ぼかし」・「指先」ツール等なども補助的に使っています。
とは言え
「ぼかし」・「指先」ツールはブラシ特性に依存しているため、ブラシ設定は重要です。
「グラデーション」・「ぼかし」・「指先」ツールは今後紹介する予定です。


 私も、ブラシのカスタムはPS7から搭載されて、長く使っていますが、
正直半分も把握してません。
ブラシカスタムに慣れて来たら、詳しいサイト様をご覧になって自作したり、特殊なブラシを
公開されてる方もいらっしゃるので、お借りす
るのも良いと思います。
 


スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

カウンター
プロフィール

山岩珠胚

Author:山岩珠胚
(やまいわしゅうはい)
着色依頼は受けません。
連絡先
yamaiwasyuuhai(山)
gmail.com
(山)=@

カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。