スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌の解体方法1

雑誌解体と題しましたが、実際はとらぶるをSQから切り離すと
書いた方が正しいでしょう。ここでは便宜上「解体」と書きます。

●解体で使用する道具

 解体に入る前に、私が使用している道具を紹介します。
雑誌解体

左から
①田宮製模型用のモデリングナイフ

②カッターナイフの細・太


③50センチ尺の
ステンレス製定規

④カッティングマット

 以上の道具で、買う必要性が高いのは①のモデリングナイフぐらいです。
カッターナイフは持っている方が多いでしょうし、定規は30センチ尺あればよく、
プラスチック製でも構いません。カッティングマットはダンボールで代用できます。

モデリングナイフの利点は、軸に刃がしっかり固定されているため力を入れても
刃がぶれにくく切れ味も優れています。しかし、その形状のために慣れていないと
少し使いにくいので、普通のカッターナイフで代用してもいいでしょう。

 私が、この4点の道具を使用しているのはたまたま
家に揃っていたためです。
これらの道具を買うなら、百円均一の店で揃えてもいいでしょう。
今後はお金が掛かる物ばかりなので、道具は出来るだけ安く済ませます。

●ジャンプSQの解体
 SQを解体して、とらぶるだけ切り離すための手順を紹介します。

まずは、SQを用意します。2011年8月号のとらぶるは巻頭カラーの見開きです。
雑誌解体

SQを開き、折り目をつけます。
雑誌解体

とらぶるが載ってる、後ろのページにも折り目をつけます。
雑誌解体


左手でSQを適度に抑え、後ろのページにカッターで刃を入れます。
ここは太いカッターを使うと切りやすいです。
kaitai04

とらぶるが載っている部分だけ本誌から分離しました。
きれいに切るコツは、折り目にそってゆっくり刃を入れ、『押して切らない』で
手前に、『引いて』切ってください。


次は、また同じように折り目を付け、無駄なカラーページと一緒に表紙を切り離します。


見開きのカラーページに刃を入れます。下の画像の赤色で囲ってある部分は、
製本のりが付いていので少し意識してください。


見開きカラーの合いだに刃を入れます。ここは細いカッターを使いのりしろに
刃を当てる様に切ります。刃をできるだけ伸ばして、細心の注意を払いながら、
ゆっくりと丁寧に切ります。


カラーページの切り取り終わり。4人と1匹マジ天使!!



 上の画像を開いて、
「真ん中失敗してるやん」とお思いの方もいるでしょう。
しかし、実際に何冊か解体するとわかりますが、巻頭のカラーページは製本のりが
多く付いていています。上手く切ってものりに引っかかり部分的に欠けることが多いです。
同じ号のSQでも固体差がありますし、これはどうしようもないのであきらめます(笑)
たとえ破れたとしても取り込めばPC上で修正できるので、問題ありません。

雑誌の解体方法2に続きます。

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

カウンター
プロフィール

山岩珠胚

Author:山岩珠胚
(やまいわしゅうはい)
着色依頼は受けません。
連絡先
yamaiwasyuuhai(山)
gmail.com
(山)=@

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。